本日の日替わり写真

河津さくらですが多重で、多少の変化をつけています・・・。

 

 日 々 の 戯 言

 

20・04・04

海外からの帰国者が見た日本の悲惨な現状:

日本人の「互助の精神」というか、「譲り合い、助け合いの精神」というのは、東日本大震災の時に

海外から評価されてきた。そのような民度の高さは、今でも続いているとは思いたいが、どうもそうでもないらしい。

昨今のマスクやトイレットペーパーやティッシュを買うために、スーパーやドラッグストアで奪い合う姿を見ると、

何とも情けなる。過日、海外からの帰国者の話を聞いたことがある。帰国して行きつけの飲食店に入った。

テレビで興味ある報道をしていたので、見やすい位置へ席を移った。すると店員から、

一人の場合はカウンターでお願いしますという。客は一人だったので、更に依頼すると

「店長から言われているからダメだ」という。そこへ店長がやってきたので、事情を話した。

すると、「事情はよく分かりますが、最近はあまりにも我が侭な客が増えているのだという。

例えば、テレビで言えば「自分はNHKしか見ないから、チャネルを変えろ」とか、店が混んできたから

相席を依頼すると「断られる」という。そして困ったことに、我が侭な客は「高齢者に多い」という。

最悪だったのは、「金はないけど飯は食わせろ」という内容だったという。

何でも政治が悪いとは言いたくはないが、「長引く不況」・「貧富の差の拡大」・「ゆとりの減少」・

「政治家の堕落」を見せつけられると、人心が荒廃したり健全さを失うのも止むを得ないのかもしれない。

あまり長生きはしたくないかな~~・・・。

毎日、文句も言わずに忠実に働いているのがこのカウンター。

目下故障中・・・・・

 

 

欄外トピックス

いずこにおわすか「マスク・マスク・マスク」:

いやはや驚きのニュースが飛び込んできた。政府が全世帯に「布マスク2枚配布」するというのだ。

なんという大胆不適(?)な政策だろう。この布マスクは、洗えば再使用が可能だという。有難いことだ。

私の場合は今まで市場で売っていたマスクは、1週間以上「日干し」にして再利用している。

医学的根拠は不明だが、私の推論では「1週間もすればコロナウイルスは死んでいる」と、信じているのだ。

「2枚配布宣言」後の首相の言葉が気になった。先月(3月?)には6億枚のマスクの供給を行ったという。

4月には7億枚を供給するという。まずは3月中に6憶枚のマスクが市場に出回ったとは思えない。

だから、今月に7憶枚のマスクが一般の市場に供給できるはずがない。安倍首相の説明によると、

全国の医療機関に対しては「3月中にサージカルマスク1500万枚を配布」し

「来週には追加で1500万枚を配布する予定」という。「高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには

布マスクを確保し、順次必要な枚数を配布する」ことも付け加えた。得意の「やってるフリ大作戦」だ。
絶賛の拍手を送りたいのだが、いずこにおわすかマスク・マスク・マスク。

いつ到着するのやら・・・。