本日の日替わり写真

江ノ島のアイスチューリップを少し明るく撮ってみました。最近女性を中心として流行っているようです。

 

 

 

 

18・02・20

 

 日々の戯言(ひびのたわごと)

 

ヒートショックから身を守る

冬場になると、「ヒートショックから身を守ろう」とよく言われる。ご存知の通り、ヒートショックは、

体に触れる空気の温度の急激な変化によって起こる。特に冬場に入浴する際に、暖房で暖められた部屋から

寒い脱衣所に移って服を脱いだ時に、またトイレへ移動した時、更には暖房のきいた屋内から寒い屋外へ出た時等々、

体内の熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が急上昇して引き起こされる現象がその1だ。逆に、寒い浴室から

急に温かい浴槽のお湯につかることで血管が拡がり、血圧が急低下し、失神して、溺れてしまうという事態が

第2の現象のようだ。つまりは、突然の急激な温度変化による血圧の上昇・下降は、血管に負担をかけるだけでなく、

心筋梗塞や脳梗塞など取り返しのつかない血管事故につながるという事だ。いつ頃の統計かは知らぬが、

交通事故の3倍ぐらいの人が亡くなっているというから驚きだ。ヒートショックの予防策は原因が分かっているから

難しくない。先ずは、入浴の際は急激な温度変化を避けるため、脱衣所やトイレを暖房器具で暖めておくことが

効果的だ。また、浴室を暖める方法として高いところに設置したシャワーで、浴槽にお湯をはることで浴室全体が暖めらる。さらに休日などには、気温が高いうちに入浴してしまう。その他の入浴時の注意としては、お湯の温度はぬるめに設定して、

長湯は避ける。食事の直後や飲酒時には入浴を控えることも大切だ。また外出時にはマフラーや手袋などの

防寒具を家の中から着用し、身体の末端を冷やさないようにすることも大事らしい。
もっとも大切な事は、自分が思うほど体は若くないことの自覚だろうか。私自身も気を付けているつもりだが、

そんなこと(ヒートショック事故)なんてあり得ないと、正直思っている・・・。

 

 

カウンター

何とかお客様のアクセスカウンターの設置ができましたが、座り込んだまま位置が移動しないんです(強情というか・・・)。

でも、毎日とてもよく活躍してくれるので、何とも頼もしい限りなんです。