本日の日替わり写真

相模原北公園のバラです。数は多くはありませんが各種の花が咲き競います・・・。

 

 

 

18・11・20

 

 

 

 日々の戯言(ひびのたわごと)

 

風が吹けば「船屋」が儲かる:

風が吹けば桶屋が儲かるのは落語の話。これからは洋上での風が福音となるようだ。つまりは、洋上風力発電は

国内の総発電量の3分の1にあたる9000万kwの能力を持っていると思われている。そうなると、

風車を据え付ける専用船が必要となる。そこに日本の造船技術を生かせる新しい市場が生まれるという訳だ。

具体的には、「SEP船」というもので、風車を海に据え付けるための作業用の台船だという。平たい「いかだ」の

ような台の四隅にジャッキ式の脚を備え、目的の地点で脚を降ろして即席の「島」を作ることができるとの事。

とはいえ、この船は波や風にさらされる海で巨大な風車や精密機器を据え付ける重要な設備だ。その性能は

風力発電プロジェクト全体の工期にも影響を与える。これまで日本で稼働するSEP船はほとんどなかったが、

再エネ拡大の機運に歩調を合わせて受注が動き始めたらしい誰にでも簡単にに作れる船ではないし、収益面でも

大幅な貢献ができるのだという。要は早い者勝ちという訳だ。

風力発電の普及が進む欧州では20隻以上がフル稼働状態で、用船料も1日数千万円と高騰しているようだ。

ガンバレニッポンと言いたい・・・。

 

 

誠に勝手ですが、21日~22日は休業とさせていただきます